ハワイ語入門
ハワイ語入門
 すべてローマ字読みのハワイ語は、日本人にとって読みやすくて発音しやすい言語ですね。ハワイ語を日常語としている人口は少なくなったというものの、日常生活の会話にしっかり根を下ろしているハワイ語もたくさんあります。
 例えば、方向を示すのに東西南北の代わりに、マウカ=北・山側・山手、マカイ=南・海側や、地名のエバ、ダイヤモンドヘッドを使うのもその一例。「クヒオ通りをエバ方向に2ブロック行ったマウ力側」というふうに使います。それから、トイレの標識がKane=男性、Wahine=女性となっているのに気付いた人も多いかもしれませんね。
 今回は、日ごろハワイ語に興味があった人のために、地名などを含めて日常会話でよく使われるハワイ語をいくつか集めてみました。手頃な参考書や辞書も紹介したおきましたので、お役立てください。
出典・参考図書・辞書=Borders Expressアラモアナ・センター店(1階中央ステージ近く)

フラに使われる言葉
「'A'a i ka hula, waiho ka hilahila I ka hale.
フラを踊りたいなら、恥は家に置き忘れてきなさい。」
Mary Kawena Pukui著 “'Olelo No'eau: Hawaiian Proverbs & Poetical Sayings”より
●halau hula:
ハラウ・フラ ハラウ=学校 フラの学校・舞踊団
●kumu hula:
クム・フラ クム=先生、師匠 フラの先生・師匠
●haumana:
ハウマナ 生徒、弟子
●hula 'auana:
フラ・アウアナ アウアナ=さまよう、漂流する、漫遊する
モダン・フラ
●hula kahiko:
フラ・カヒコ カヒコ=古典 古典フラ
●hula hapa haole:
フラ・ハパハオレ ハリウッド映画の影饗を受けたフラ 
ハパ=半分 ハオレ=外人、白人 ハパハ・ハオレ=白人との混血の
●'ili'ili:
イリイリ 小石 石のカスタネット
●ipu:
イプ ひょうたん、水筒、容器
●'uIi'uli:
ウリウリ 羽飾りの付いたひょうたんの中に種が入っていて、振ると音がする楽器
●oli:
オリ 詠唱、詠唱する
●'ami:
アミ 最初は左回りに、つぎに右回りに腰を回転させるステップ
●hela:
ヘラ つま先を外にして斜め前に踏み出すステップ
●holoholo:
ホロホロ 右に8ステップ行き、左へ8ステップ行くステップ、その辺をぶらぶらする、船遊びをする、遊びに行く
●ka'apuni:
カアプニ 片方の足を軸にして回る「島巡り」のステップ
●kaholo:
カホロ ホロ=走る、滑る、帆船で走る、行く、流れる
すり足で左右、前後、斜めに動くフラの基本ステップ
“Kaholo to the right, kaholo to the left...”というふうに使われます。
●ka'o:
カオ 左右に重心を移して左右に腰をふるステップ
●lele:
レレ 前や後ろに歩いて、かかとをあげるステップ
●'uwehe:
ウエヘ 重心を落として右にステップをふみ、両方のかかとをあげて膝を開き、つぎに同じ動作を左へ繰り返すステップ

日常的によく使う言葉
●Ahuihou.:アフイホウ じゃまた、さようなら
●'aumakua:
アウマクア ー族や個人の守護神
●hana:
ハナ 仕事、動労、何かをする
Hana hou!ハナ・ホウ!=アンコール!ホウ=新しい、新鮮な、最近の、再び、もっと
Pau hanaパウ・ハナ=終業 パウ=終り、完了
●heiau:
ヘイアウ ハワイの神々を祭った神殿
●Hele mai.:
ヘレ・マイ 来なさい、こちらへどうぞ
●hilahila:
ヒラヒラ 恥すかしい、照れ臭い、間が悪い
●ho'olaule'a:
ホオラウレア 式典、祝賀パーティー
アロハ・フェスティバルなどのプロック・パーティーにも使われます。
ラウレア=平和、幸福、友情、平和な、幸せな
●hukilau:
フキラウ 引き網漁
●kahili:
カヒリ 王族の身分を表す羽毛でできた鉾印
●kahuna:
カフナ 神官、魔術師、熟練者、玄人
●kama'aina:
カマアイナ 土地の人、居住者
kama`aina discount=住民割引き malihiniマラヒニ=知らない人、新来者
●kokua:
コクア 協力する、助ける、手伝う
Please kokua=ご協力下さい 公共の場の注意書きなどで使われます。
●lua:
ルア トイレ、地面に掘った穴、洞窟
●Lu'au:
ルアウ ハワイ伝統の宴会、鶏やタコを入れてココナツ・ミルクと一緒に蒸し焼きにしたタロ芋の若葉 子供の1才の誕生日は、ローカルの家族にとって大切な記念日で、大掛かりなルアウで祝われます。
●maika'i:
マイカイ 良い、元気な
●makahiki:
マカヒキ 10月中旬から4ヵ月続いた古代ハワイの祭り、年、恒例のHau'oli Makahiki Hou!=新年おめでとう!
●mana:
マナ 超自然のパワー、霊力・霊気
●puka:
プ力 壁・靴下・洋服などの穴、門、入りロ
●wikiwiki:
ウィキウィキ 急ぐ、早く、早い
Wikiwiki Bus=ホノルル空港内のシャトルバスの名前

食べ物の名前を覚えよう
●'ahi:アヒ マグロ。刺し身やポケ(ハワイ風刺身)でおなじみの魚
●aku:
アク カツオ。こちらも、アヒと同様に人気の魚
●akule:
アクレ メアジ。焼いて醤油をかけて食べると美味しい庶民の味
●mahimahi:
マヒマヒ シイラ。ハワイの魚の代名詞も、最近は高級魚に。新鮮なマヒマヒは刺し身やグリルド、ソテーで食べたい
●'ono:
オノ サワラ。ハワイ語で「おいしい」という名が付いているだけあって、さっぱり味の白身は、どんな料理でもオノ!
●'opakapaka:
オパカパカ ヒメダイ 鍋物や刺身、ポーチド、姿焼き、ソテーとワイドに活躍する高級魚。脂の乗った冬期の刺し身は美味
●limu:
リム 海藻、海苔、水草。ポケの材料として使われます
●lomilomi salmon:
ロミロミ・サーモン トマトとオニオンとサーモンのこま切れを合えたもの。ロミロミ=揉む ハワイ伝統のロミロミ・マッサージも最近人気ですね
●poke:
ポケ(ポキ) 一ロ切りにした魚介類をハワイアン・ソルトやリム、醤油、ごま油など好みの香辛料や薬味で合えたマリネ。“ポギ”は英語の発音ポケ=切る、細かく切る、スライスにする
●hulihuli chicken:
フリフリ・チキン 学校のクラブ活動や非営利団体の運営費力ンパに屋外でよく売られている、大きなグリルでひっくり返しながら焼いた、丸のままか半身のチキン。フリフリ=回す、ひっくり返す
●pua'a:
プアア 豚、ポーク
●kalua:
カルア ポークやmoa=チキン、七面鳥などをimu=地下かまどで蒸し焼きにしたもの。カルア=地面に掘ったかまどで焼く
●laulau:
ラウラウ ポークやチキンをバターフィッシュと一緒にタロ芋の葉で包んで、さらにティの葉で巻いて蒸し焼きにしたもの。ラウラウ=包む
●pipi kaula:
ピピ・カウラ ビーフジャーキー
ピピ=ビーフ(英語からの借用語)カウラ=ロープ、ひも
●kalo:
カロ タロ芋 夕□芋は日本人のlaikiライキ
(英語からの借用語)=米にあたる神聖な食物
●poi:
ポイ 如でたタロ芋をすりつぶして、糊状にした主食。離乳食にも
●'uala:
ウアラ サツマ芋
●uhi:
ウヒ ヤム芋
●haupia:
ハウピア 葛またはコンスターチとココナッツ・ミルクで
作ったプディング
●kulolo:
クロロ 如でたタロ芋とココナッツのプディング
●'okolehau:
オコレハウ ティの根から造る蒸留酒
オコレ=尻 ハウ=ハイビスカス、冷たい、雪、露
※旅のガイド「ハワイ・アイ(DEC.2005)」より